• ヘアカッターの選び方について

    散髪代も安い店に行けばそれほど負担になりませんが、高い店だと1回だけで3、000円から5000円と結構な料金になります。


    そんな場合でも自宅にヘアカッターがあれば気になったときに、自分で好きなときに散髪できるので便利ですし、何より美容院などに行く手間もかからず費用も抑えられるので便利です。ヘアカッターは多くの商品が販売されていますが、選び方の基本としてカットしているときに電源が切れないことが重要で、手動のバリカンもありますがセルフカットだと電気で動くヘアカッターを選びます。

    電源は乾電池や充電、口中充電式があり、給電方法ではなくて電気の持ち具合がポイントで納得がいく髪型にするには時間がかかるので、電気のもちがよいものがおすすめです。

    ヘアカッターの専門知識を身につけましょう。

    直ぐに使えることも大切で、床屋だと予約や待ち時間などがかかりますが、セルフカットは気になったときに直ぐにカット出来るのが魅力なので、充電式なら充電の容量以外に、充電時間も短くて放電がしにくいものを選びます。



    セルフカットだと自分の手元が見えないためかみの毛の長さを少しずつ短くしながら、慎重をカットしていきます。

    そうしないと失敗してしまうので、そのためにかみの毛の長さを一定に保つアタッチメントの数が多いほうが便利です。



    本体に付属しているアタッチメント部分を自動で調整できるタイプは、出来るだけ調整の幅が細かくてかみの毛の長さをたくさん替えられるものがおすすめです。
    ヘアカッターは切ったかみの毛や頭皮の皮脂などで汚れやすいため、掃除がしやすいことも大切で、本体ごと流水で丸洗いできるものがよいですが、最低限は刃の部分が取り外せてお手入れがしやすいものを選ぶとよいです。


    水洗いをしたあとは、オイルを塗ってお手入れをしないと刃の切れ味が悪くなりますが、一部の商品は自動研磨システムがあり刃の切れ味をよいままでキープしたり、オイルが不要です。